ふくらはぎのむくみの原因は人それぞれ!どうして私は脚がむくみやすいの?

現代、女性の半数以上の人が、脚のむくみを感じています。
私もその一人なんですが、足がむくむ理由は一人一人違うんです。
脚のむくみは、ふくらはぎを固く太くしてしまう美脚の敵です。血行やリンパの流れが悪いと、脚のむくみだけでなく身体全体に悪影響
むくみの原因を知って、正しくケアしていきましょう!むくみを放っておくと、ふくらはぎが大変なことに!!
脚がむくみやすい女性の5つのパターンを一緒に見ていきましょう!あなたはいくつ当てはまっていますか?

 

 

脚がむくんでいる状態ってどんなの?

 

足のむくみとは、皮膚の下に余分な水分が溜まった状態です。
夕方になると靴下の跡がついたり、すねを押すと引っ込んだまま戻らないなどの症状が表れます。
水が溜まっているのだから、ぶよぶよしていて柔らかい状態を想像しそうですが、それは違います。
脚に何も力の入っていない状態で触ってみて、ふくらはぎがカチカチに固くて指で押せないような状態の場合も、実はむくみなんです。
筋肉は、力を入れないと固くはなりませんよ。

 

脚のむくみチェック

  • 夕方になると靴がきつくなる
  • 靴下の跡が残る
  • すねを押すとくぼみができて、引っ込んだまま戻らない
  • 脚が重たくてだるい

 

脚のむくみを放っておくとどうなるの?

脚がむくんでいるときは、脚に余分な水分と老廃物が溜まり、リンパの流れが滞っている状態です。
それを放っておくと、老廃物と脂肪がくっつき、セルライトに変化してしまいます。
セルライトは固くて落ちにくい脂肪と老廃物の塊。できてしまうと、なかなかふくらはぎを細くすることはできません。
ふくらはぎが、カチカチに固くなってしまうんです!

 

 

あなたは当てはまってない?脚がむくみやすい女性5つのパターン

  • 脚がいつも冷たくて冷えている
  • 水分補給はコーヒー、紅茶、緑茶でしている
  • 1日中あまり体を動かさないでいる
  • 仕事はずーっと立ちっ放しで、脚を休める暇がない
  • 家に帰ったらすぐ寝ちゃう、脚のケアをする時間がない

いかがですか?いくつ当てはまっていたでしょうか?
2つ以上該当したあなたは、もしかしてもう、ふくらはぎがカチカチの状態ではないですか?

 

 

脚がいつも冷たくて冷えている

 

 

体が冷えると血行が悪くなりますよね?そうするとリンパの流れも悪くなり、むくみが出やすくなります。
でも、手先は冷たいけど、腕はむくんだりしないじゃない?!
確かに、腕は滅多にむくみませんね。それは、脚は心臓よりも低い位置にあるから。
心臓よりも低い位置にある部位は、血流が悪くなりがちです。脚は心臓から一番遠い部分ですよね。なので、一番むくみが出やすいんです。

 

脚が冷えるといっても、全体的に冷たくなっているとは限りません。足指、かかと、足首、ふくらはぎ、すね、ひざ、ふともも・・・自分が冷えを感じる部分をしっかりと見つけてください。
できれば日中も、その部位を温めるように心がけておきたいものです。
ひざ掛けを使ったり、温かめの靴下をはく、靴の中にカイロを入れるなど、色々工夫してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

水分補給はコーヒー、紅茶、緑茶でしている

 

 

身体に水分が不足していると、体の巡りが悪くなります。人間の体の半分は水分でできています。水を十分に取ることで、むくみを予防していきます。
大体1日に必要な水分量は、自分の体重x43.6と言われています。体重50kgだと2,180mlの水が必要です。

 

私、十分水分取ってる!お茶を毎日たくさん飲んでるし!
むくみ対策の場合、コーヒー、紅茶、お茶などカフェインが含まれている飲み物は、水分には入れられないんです。
カフェインやアルコールは、水分を体内にとどめておく働きがあります。そのため、たくさん飲んでいても、むくみを予防することはできないんです。
むくみ対策で考えるなら、水分はノンカフェインのもので取るようにしてください。紅茶をハーブティに替える、ノンカフェインコーヒーにしてみるなど、対策は可能ですよね。
また、朝起きたときの水分補給は大切です。睡眠中体から水分がなくなっていきます。不足している水分を、朝起きたときコップ1杯の水で補給してあげてください。

 

 

1日中あまり体を動かさないでいる

 

 

先ほどお伝えしたように、足は心臓から一番遠くに位置します。そして、重力の関係で体の中でも一番むくみやすい部分なんです。
ふくらはぎは心臓に血液を送り出すポンプの役目をしています。
ふくらはぎを動かすことで、ポンプの役割も活性化するのですが、それを動かさずにおくと、老廃物や水分が溜まった状態になってしまいます。
デスクワークなどで、1日中座りっぱなしだと、ふくらはぎは動かされることがなく、老廃物が溜まりむくみが発生します。

 

この場合は、とにかくふくらはぎを動かしてあげることが大事です。
デスクワークの途中、1時間に1回立ち上がって歩く、できれば階段の上り下りをするなどして、ふくらはぎを動かしてみてください。
そんなに立ち上がれないし!という場合は、座ったまま足首を上下に動かすなどして、少しでも脚を動かしてあげてください。

 

 

仕事はずーっと立ちっ放しで、脚を休める暇がない

 

 

座りっぱなしと逆で、立ちっ放しの場合も、脚がむくんでしまいます。
この場合も、意識してふくらはぎを動かすように工夫してみてください。かかとの上げ下げなどをして、ふくらはぎのポンプを動かしてくださいね。
立ちっ放し、歩きっぱなしだと、足に疲労物質も溜まってしまいます。
仕事の後は、エアーマッサージャーなどを取り入れてみると、1日の疲れが取れますよ。
また、仕事中は着圧ソックスやストッキングをはくと、少しむくみが軽減できると思います。

 

 

家に帰ったらすぐ寝ちゃう、脚のケアをする時間がない

 

 

週末は疲れた脚をいたわりに、リフレクソロジーやフットマッサージに行ってるよ!
確かに、プロにマッサージしてもらうと、気持ちがいいし脚もすっきりしますよね。
でも、その日の疲れは、その日のうちに取るのが足痩せの鉄則です。
家に帰ったらTVを見ながらでOKなので、1分だけでも自分の脚を触ってあげてください。毎日脚をさわっていると、変化が楽しくなってついつい続けちゃうようになるんです。
最初の2週間がポイント。しっかり2週間続けてあげれば、その後もズルズルと(笑)習慣になってしまいます。
もちろん、プロにお願いする日があるのは素敵ですが、毎日のセルフケアの方が大切ですよ。

 

ふくらはぎのむくみを解消する簡単1分マッサージ

どうしても時間がない!すぐに寝たいよ!!という場合は、1分だけでもOKな足指マッサージがオススメです。
まずは体操座りで、靴下を脱いでスタート!

  1. 足の指を指先でつまんで1本ずつ揉む(両足同時に)
  2. 足の指を指先でつまんで1本ずつ引っ張る(両足同時に)
  3. 足の指の間、水かき部分をほぐす(両足同時に)
  4. かかとを指で挟んでつまむように引っ張る(両足同時に)
  5. 足の指を曲げてグーを作るようにする(両足同時に)
  6. 手で足指を支えながら、逆方向に曲げる(両足同時に)
  7. 足の指の間に指を入れて、足の指を開くようにする(両足同時に)
  8. 手をグーにして、足の甲を指先側から足首に向かってこする(両足同時に)
  9. 足首を両手で挟んで、くるぶしをくるくる回す(片足ずつ)

終わったら、足の指や足首を動かしてみてください。たったこれだけでも、足はすーっと楽になっていませんか?
もしかしたら、1分超えちゃうかもですが(笑)これなら、毎日続けられそうじゃないですか?

 

ふくらはぎのむくみを改善するには、毎日のセルフケアが大切です。
今日はあんまりむくんでないし、ラッキー!と思った日でも、きちんとケアしてあげてくださいね。
見えないですが、老廃物は確実に溜まっていますよ。

 

どうしても短期間で確実にふくらはぎ痩せをしたい場合は、こちらがオススメです。

 

スポンサーリンク
トップへ戻る