毎日の動作に気を付ければふくらはぎは細くなってくる

素足にスニーカー

 

ふくらはぎをほっそりと美しくするためには、ストレッチやエクササイズでと思いがちですが、日常生活の中でもちょっとしたことを注意すれば、ふくらはぎを細くすることができます。

 

毎日の生活の中でどんなことを注意すれば良いのか、いくつか見ていきましょう。

 

 

歩き方チェック!あなたのクセがふくらはぎを太くしている?

ふくらはぎを細くするためにエステやジムに通うのも良いのですが、お金をかけずにできたらベストですよね。

 

日常生活でふくらはぎを細くするのに欠かせない方法は、歩き方です。まず、一番初めにチェックしてもらいたいふくらはぎを太くする原因の一つです。

 

立っている真っすぐ先に、一本の線が引かれているとします。普段、その線に沿って歩けているでしょうか。
がつがつと歩くのではなく、かかとからつま先の順番に足が着地できているでしょうか。

 

まっすぐなラインを、かかとからつま先の順に足裏を使って歩く。
これを意識するだけで、足の筋肉がうまく使えるようになります。

 

間違った歩き方だと、ふくらはぎの筋肉に負担がかかり、いらない筋肉が発達してしまいます。
脚が太い人の多くは、歩き方が美しくないと言われているので要チェックです。

 

でも、自分の歩き方のクセは、わかりづらいものですよね。正しく歩けているか、自分で判断するのはとても難しいです。
そんな時は、一度誰かに歩き方をチェックしてもらうと良いですよ。
また、ビデオを撮ってもらって自分でチェックすると、意外なクセが見つかります。

 

 

体の歪みはふくらはぎ太りの原因

姿勢が悪くなっていませんか?

 

姿勢?上半身のクセがふくらはぎに影響するわけないじゃない!
と思いがちですが、姿勢がしっかり保たれていないと、そのすべての負荷がふくらはぎにかかってしまいます。

 

上半身は、上半身でバランスを取って支えることが大切です。
もしかすると、あなたの猫背が下半身太りの原因になっているかもしれません。

 

立っている時も、片側に重心がかかっていたり、背中が丸くなっている姿勢は、ふくらはぎに取って良くありません。
座っている時も、同じ脚ばかり組んでいると骨盤がゆがみ、余計な場所に力がかかってしまいます。そして、つかなくていいところに筋肉がつくことがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

ちょっとした時間に取り入れたいふくらはぎ痩せ習慣

ストレッチする女性

 

歩き方、立ち方、座り方を意識するだけでも、かなりふくらはぎ痩せを加速させるのですが、それにさらにプラスしたいのがちょっとしたストレッチやマッサージです。

 

毎日の生活に取り入れて、ふくらはぎ痩せ動作を習慣化させてくださいね。

 

もちろん、激しい運動をする必要はありません。
最初は、朝起きた時や寝る前に、少しストレッチする時間を作るだけでOKです。

 

スポーツ前に行うウォーミングアップ、アキレス腱を伸ばすストレッチがおすすめです。
ゆっくりとリズム良く伸ばすのがポイントです。回数など決まりはありませんが、左右10回程度行うことから始めてください。
日常生活にちょっとしたストレッチを取り入れる。これを習慣にして、徐々にストレッチの種類を増やしていくといいですよ。
まずは、ストレッチするクセをつけることが大切です。

 

マッサージでむくみを取って頑張ったふくらはぎをお手入れ

寝る前のマッサージも効果的です。
ふくらはぎは水分が滞りやすく、むくみやすいですよね。

 

このむくみで、午後からはふくらはぎがさらに太く見えてしまいます。1日の終わりに、しっかりとマッサージをするといいですね。

 

マッサージは簡単な方法でOKです。
例えば、体育座りをして足首のところから膝までを握りこぶしで下から上へマッサージ。たったこれだけでも大丈夫です。
これなら、テレビを見ながらでもできちゃいますね。

 

この時、できればボディークリームやオイルを塗った方が、滑りが良くなって効果的ですよ。脚もすべすべになります。
押しているとコリを感じることがありますが、それが無くなるまで行うとすっきりして細くなります。

 

 

痩せるぞ!!と気合を入れても、なかなか続かないのがダイエット。
ふくらはぎ痩せは、短期間ではなかなか効果が出ないですよね。

 

それなら、まずは日常生活の見直しと脚痩せ習慣を身につけてみる。ここから始めると、ダイエットがスムーズに進みます。
ふくらはぎ痩せ習慣を身につけて、着実に細くしていってくださいね。

 

どうしても短期間で確実にふくらはぎ痩せをしたい場合は、こちらがオススメです。

 

スポンサーリンク

 


トップへ戻る