寝る前簡単エクササイズでふくらはぎをほっそり美脚に!

ベッドに横になる女性

 

疲れ果てて帰宅。ふくらはぎ痩せしたくても、エクササイズする気力が残っていないとき、ありますよね?
でも、寝ながらできるエクササイズなら、寝る前にできるので毎日続けられるかも。

 

 

そうなんだよね。ふくらはぎ細くしたいのは山々なんだけど、ついつい毎日やるのがおっくうになるんだよね。


 

 

うん。毎日続けるのがいいのはわかってるんだけど・・・


 

寝転がってふくらはぎ痩せエクササイズやマッサージができちゃうと、テレビを見ながらでも大丈夫。
ふくらはぎを細くしながら、ベッドでリラックスできて一石二鳥です。
寝ながらふくらはぎを細くするエクササイズとマッサージをご紹介しますね。

 

ふくらはぎ痩せは、一日にしてならずです!毎日続けて、ほっそり美脚を目指してください。

 

 

かかと伸ばしエクササイズでふくらはぎ痩せ

足上げエクササイズ

両足を揃えて仰向けに寝ます。
両足を一緒に90度まで持ち上げ、かかとを手前に倒したりつま先をのばしたを繰り返します。
10回~20回が目安です。

 

同時に腹筋も鍛えられますし、ふくらはぎの血行も良くなりむくみが改善されます。

 

 

コツは無理しないことかな(笑)最初から20回しなくても大丈夫だよ。


 

スポンサーリンク

 

足バタバタエクササイズでふくらはぎの脂肪を燃焼

仰向けに寝て両足を揃えて90度になるように持ち上げます。
そこで足をバタバタと動かすだけです。力を抜いて行ってください。

 

簡単ですが、ふくらはぎがほぐれてなんだか脂肪も落ちていく感じがします。

 

 

一気にやらずに、何度か脚を下ろして休憩してもOKだよ。


 

うつぶせ膝曲げエクササイズ

うつ伏せで足を上げる
うつぶせになって、膝の位置は固定したまま片方ずつ膝を交互に曲げます。
それだけなのですが、リズミカルにやったりゆっくりやったりすることで、ふくらはぎに効いてきますよ。

 

テレビを見ながらパタパタと楽しくできると思います。

 

 

クセにしちゃうといいかも。


 

うつぶせ脚ピーンエクササイズ

うつ伏せに寝て膝を曲げないように足を上下左右に動かします。
10回~20回1セットで3セットが目安です。

 

やってみると背筋も使って結構つらいです。ふくらはぎはもちろん太ももの裏やお尻にも効いています。

 

 

ももの付け根から動かすイメージだね。


 

タオルを使って簡単ふくらはぎ伸ばしエクササイズ

タオルを使って脚痩せエクササイズ
タオルを使ったエクササイズです。
まずは仰向けに寝ます。タオルを片足の土踏まずにかけ、両端を両手で持ちます。
かかとを押し出すようなイメージで、膝を延ばしてキープします。
そのまま、かかとを手前に倒したり延ばしたりを繰り返します。各10回程繰り返してます。

 

 

タオルは無理ない長さのものがいいね。手ぬぐいとか、ゴムチューブを使ってもいいよ。


 

仰向け開脚ストレッチ

仰向けに寝て両足を90度に上げます。
そのままゆっくり足を開いて5秒程キープ、足を閉じかかとをつけて5秒程キープです。
10回を目安に行いましょう。

 

太ももにも効きますが、むくみも解消されるのでふくらはぎにも効果的です。
簡単ですが、実際にやってみると結構きついですよ。

 

 

毎日全部する必要はありませんが、どれか一つでも寝る前に行うと、ふくらはぎ痩せに繋がります。
簡単なので、続けてみてくださいね。

 

 

とにかく、続けることが大切なんで、無理しないように行ってね。


 

毎日ふくらはぎ痩せエクササイズを続けることができたらご褒美

エクササイズとかって、なかなか続かないんですよね・・・・(反省)
1か月続けられたら、何か自分へのご褒美でプレゼントしてみるのはどうでしょう?

 

もちろん、普段の脚痩せに役立つグッズが一番ですよね。
最近私が愛用しているのが、着圧ストッキングです。
何がいいかって、履くだけで理想の下半身に近づけること(笑)

 

長く続ければ、脚痩せ効果もあるので、エクササイズで頑張っているならプラスしたいアイテムですよ。

 

シンデレラウォーク公式サイト

 

レビュー記事は、こちらにあるので気になったら参考にしてもらえると嬉しいです。

 

もうちょっと奮発するなら、エアーマッサージャー。
これがあるだけで、結構面倒なふくらはぎマッサージが自動でお任せ状態に(笑)
脚のむくみに悩んでいるなら、オススメアイテムです。
1日の足の疲れがさーっとひいてくれます。座ってるだけでOKなので、確実にリラックスできるアイテムですよ。

 

 

これだけで脚痩せが可能かと言えば、残念ながらNO
むくみによるふくらはぎ太り、老廃物が溜まってしまうことでできるセルライトの予防なんかにオススメです。

 

 

フットマッサージャーは、脚痩せの最強グッズではないんだね。


 

そうなんですよね。それに、むくみを取るだけにしては、ちょっとお値段が・・・
なので、自分でマッサージする場合の寝ながらマッサージ方法をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

 

一日の最後に寝ながらふくらはぎマッサージで脚を細く!

ふくらはぎマッサージ

 

寝ながらマッサージすると立ってやるよりは負荷もかからず、寝る前などにリラックスしできますので、一日の終わりの習慣にすると良いですね。

 

足もポカポカ温まりますし、深呼吸しながらやることにより、マッサージ後は気持ち良く眠ることができると思います。

 

リラックスしてできるので、毎日飽きずに続けることができますよ。

 

 

膝をつかって楽ちんふくらはぎマッサージ

膝の丸さと硬さを利用したマッサージです。仰向けに寝て、片方のふくらはぎをもう一方の膝に乗せ前後左右に動かしてマッサージをします。

 

最初は痛いかもしれませんが、左右交互に自分の好きなように動かしてふくらはぎをほぐしてみてください。
簡単ですが足の重みを使っているので、手でマッサージをするより楽ですし気持ち良いですよ。

 

 

寝ながらだと、かなり大雑把なマッサージになっちゃうけど、しないよりは断然マシ!


 

足先でトントンふくらはぎほぐしマッサージ

足先でマッサージ

足の甲やつま先を使ってのふくらはぎマッサージです。
横に寝て、片方の足の甲やつま先でもう一方のふくらはぎを叩いたり、つま先で押したりしてふくらはぎをほぐします。

 

つま先だとピンポイントで痛い所を集中的にほぐすことができます。

 

 

動かしている方のお尻の筋肉も鍛えらて一石二鳥だよ。


 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎスライドマッサージ

仰向けに寝て片方の足を90度以上上げ、両手で足首をつかみます。
そのまま膝の方に向かって押したりもんだりした後足首に戻り、膝の方に向かって押し上げるようにスライドさせます。

 

足を上げることで、座って行うよりリンパ液や老廃物も心臓の方に流れやすく、更にマッサージをすることで細くする効果が上がります。

 

 

膝は曲げてOKだよ。


 

仰向けボールふくらはぎマッサージ

テニスウェアとテニスボール

仰向けに寝て、テニスボールなどをふくらはぎの下に置きます。
前後左右に動かしてふくらはぎをほぐします。

 

動かすのはちょっとコツがいるかもしれないので、ふくらはぎに押し付けるだけでも効果があります。
ボールの位置を色々な所に変えると、まんべんなくできます。
手でマッサージするより楽ですし、足の重さも加わるのでふくらはぎを効果的に細くできますね。

 

 

ボールを使うなら、座っている時にゴルフボールで足裏マッサージも気持ちいいね。


 

マッサージは一日の疲れや、ふくらはぎのむくみを解消するのに効果的です。
脚に溜まった老廃物は、ふくらはぎを太くする原因になります。

 

ふくらはぎを細くするためには、毎日のマッサージが大切です。
でも、揉んだだけでは、筋肉太りふくらはぎは細くならないんです。

 

ふくらはぎダイエットを確実に短期間で成功させるには、エクササイズやマッサージだけでは足りないんですね。

 

 

だよね・・・効果が目に見えないと、続けるのも嫌になるよね。


 

そうなんですよね。エクササイズやマッサージが続かないのは、効果がすぐに表れないからなんですよね(泣)
1か月コツコツ毎日やっても、見た目細くなってなかったら悲しい。そして、続けるのが嫌になる。

 

 

悪循環だよね。効果なかったら、なかなか辛抱強く続けられないよね。


 

もし毎日続けることができるなら、断然ふくらはぎ痩せ効果が出るアイテムがあります。
ちょっとお値段は高いんですけど、無駄な脚痩せダイエットを繰り返すことを考えれば、お安いものです(笑)

 

効果が見えるから、続く。
脚痩せするには時間がかかります。それをできるだけ早く、楽しく続けられるように、ご褒美アイテムを先に自分にプレゼントするのもアリですよ。

 

そのオススメアイテムがこちらです。
ふくらはぎへの使い方や、口コミ、レビューも詳しくご説明しているので、見てみてくださいね。

 

憧れの丈のスカート、かわいいパンプスを楽しめるように、効果的に脚痩せアイテムを取り入れて1か月でマイナス3㎝を目指してください!

 

ふくらはぎ痩せオススメアイテム「ボニックプロ」特集ページはこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


トップへ戻る